【レシピ】納豆玉ねぎキムチ和え

2012-09-19 お気楽OL 未分類 | コメント(6) |


友達に教えてもらったレシピ。
テレビで紹介されてたんだって。
なるべく発酵料理や乳酸菌をとりたいこのごろ。
ちょうどいい!
しかも簡単。
フードプロセッサーで簡単にできました。

●キムチの効果
・キムチには植物性乳酸菌が含まれている
植物性乳酸菌…キムチ以外にも漬物などにも含まれる
       胃酸・腸液にも強く食べてもその多くが生きたまま腸に届く
・特にキムチは他の食材に比べ乳酸菌量が多い
<乳酸菌量>
たくあん:40万個/g 白菜の浅漬け:64万個/g
ぬか漬け:1億1千万個/g キムチ:5億6千万個/g

■キムチに乳酸菌が多い理由
・キムチを作る際にヤンニョムという調味料を使うことで、白菜に付着した
 乳酸菌が増える
・特にヤンニョムに含まれるアミの塩辛が乳酸菌を増やす
⇒乳酸菌は動物性タンパク質をエサにして増殖

■キムチパワーをアップさせる食べ合わせ
納豆
・乳酸菌は納豆菌をエサに増殖する

玉ねぎ
・玉ねぎにはビフィズス菌のエサになるオリゴ糖が含まれる

【材料】
キムチ
玉ねぎ
納豆
(量は模索中)

【作り方】
1.玉ねぎをフードプロセッサーにいれて、
かなり荒いみじん切りに。
途中でキムチを追加して
さらにみじん切りにする。

2.混ぜた納豆をあわせる。
一晩おく。

今回は、玉ねぎとキムチを入れすぎた。
少なめでいいですね。
めんつゆを少し足してもいいかも。

*後日、玉ねぎ1/4個と同量のキムチ、
納豆2パックでちょうどよかったです☆

このほかは、オクラのナムル、ささみきゅうりのゴマ和え、
にら+シュウマイのタネをいれた中華スープ、
シュウマイを作りました。
前回つくったシュウマイのタネを冷凍してあったので、
すぐに作れました。

【レシピ】納豆玉ねぎキムチ和え

人気度:5%


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...

同じエリアのグルメレポート

  • これから増やしていきます!

同じジャンルのグルメレポート

  • これから増やしていきます!

RSS 2.0

AddThis Social Bookmark Button

コメントはこちらへ

6 Comments